スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社設立 

使ってないブログを活用します。


簡単に派遣会社設立には2つの方法があります。
1.新規立ち上げ
2.休眠会社購入
3.個人事業主で特定労働派遣の資格を取る。

4/14 に会社を始めるとの事なので、膨大な資料を渡して整理する前に、簡単に説明しますね。

「新規に会社を立ち上げ」 から簡単に説明しますね。
派遣会社を立ち上げるということなので、3.は飛ばして新規に立ち上げることのできる会社は2通りあります。
1.株式会社の設立
  金銭面初期費用 税金が20万5千円 プラス 判子など必要な物をそろえる代金
  設立時の苦労面公証人役場で定款の認証を取る。また最低4人の(取締役3名以上、監査役1名以上)人間が必要
  その後やっと登記です。
  たぶん二か月ではむりですし、初めから株式会社なんて建てる必要はないかと思います。
 というより絶対にお勧めいたしません。

          
2.合同会社の設立
 合同会社の説明からはいりますね、昔の有限会社のかわりに出来たのが合同会社ですが、倒産時は株式会社と同じ出資額以上は責任をとらなくていいという素晴らしいシステムの会社です。

さて、説明開始です。
 金銭面初期費用 税金が6万円 プラス 判子などの必要な物をそろえる代金
設立時の苦労面:公証人役場で定款の認証を取らなくてよい
また一人で会社設立ができる。

ちなみに合同会社って知ってますか??
実は結構多いですよ。ユニクロとか、アップルも合同会社です・・・・。


派遣会社を起こす合同会社のメリット:初期費用を抑えられる。簡単に言えば10万円あればゆっくり会社設立ができてパソコンも買えちゃいます。 
また、合同会社から株式会社への変更も簡単に可能です。
後は、設立までの日数が、必要書類と定款さえ作成してしまえば最短1日で会社設立できちゃいます。
また、一般でも特定でも派遣の資格を取ることも可能です。
あとはやっぱり毎年決済広告の義務がないので今の会社にばれにくいですね。
普通に仕事をしても最低でも来年4月までは絶対にばれません。
また裏ワザを使えば永久的にばれません。



派遣会社を起こす合同会社のデメリット:あまり思いつきません。考えておきます。
  ただ、合同会社という物が世間にあまり知られてませんので、派遣の子に不安がられるかもしれません。
  まぁ派遣社員はそんなこと考えないでしょうけどね 笑

今回は、初期投資を抑えたほうがいいと思いますので、合同会社をの設立をおすすめします。

また、私のサーバーに空き容量も十分ありますし会社のシステム構成は私の会社のを少し書き換えて流用すれば十分使えるとおもいますのでお手伝いさせてもらいます。

どうでしょうか?

資料は追ってお渡しするとして、これからできる限り毎日更新しますので、4/14 に間に合うよう頑張りましょう。
次は、一般労働派遣と特定労働派遣についてでも書きますね。
先に知りたいことがあれば、私のわかる範囲でお答えするのでメールでも下さい。


PS.次に私の延長の話が出た場合、その場の空気を読んでいけそうでしたら、伊藤さんは今の仕事を続けつつ新しく派遣会社を設立する。で伊藤さんの設立する派遣会社に4月から行く事が決定してるから・・・。
とでも言って下さい。
次の派遣先は決まってるけど、いつもお世話になってるので僕の所から取っていただけるのでしたら・・・。
ぐらい言ってみてください 笑
そのまま、伊藤さんの会社から行けるのでしたら多少は延長しても構いませんので。
また、そこらへんも詳しく話しましょ。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:riinachun
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。